満足のいく木造住宅を埼玉で建てる方法

木造住宅 埼玉

東京都心からも近く近年はベッドタウンとしての開発も進む埼玉県内は、東京都心と比べて土地や物価も安く、比較的マイホームも建てやすいまちとして近年人気となっています。最近は鉄筋コンクリートや鉄骨の住宅が主流となっていますが、今でも日本の住宅の半数以上を占める木造住宅も人気で、古民家ブームの近頃はマイホームに木造住宅を選ぶ人も増えてきています。しかし、一生のうちでも大きな買い物である住宅を選ぶ際には、自分たちの暮らしに最適な住宅を選ぶことがとても重要なポイントです。そのため、自分たちの生活にあった住宅を選ぶためには、住宅の構造を選ぶ際に、木造や鉄筋コンクリートなどそれぞれの構造の特徴やメリット・デメリットをしっかり把握し、それぞれの構造を比較してみることが必要です。

木造住宅を建てる際に知っておきたい木造住宅の特徴

埼玉県で木造住宅を建てる際には、事前に木造住宅の特徴について知っておくことも大事です。例えば、木造住宅は鉄筋コンクリートや鉄骨造と比べて建築費用が安く、デザインや間取りも自由に選択できるという特徴があります。また、木造住宅といえば地震などの自然災害による耐久性も弱いイメージがありますが、日本で古くから伝わる工法で造られてきた木造住宅は、地震大国日本の長い歴史の中でも長い間ノウハウが蓄積されており、阪神淡路大震災では木造住宅が倒壊するなどの大きな被害はなかったなど耐久性にも優れているという特徴もあります。近年では、木造住宅に欠かせない瓦も軽量化が進むなど、地震などの災害による甚大な被害を抑制できる技術も進歩しており、近頃は若い世代にも木造住宅を選ぶ人が増えてきています。

木造住宅のメリット・デメリット

科学的にもリラックス効果が証明されている木は、長い時間を過ごす住宅にも最適の素材です。また、湿気の多い時期は空気中の水分を吸込み、室内が乾燥すると空気中に蓄えていた水分を放出する木材には調湿効果があり、木造住宅はカビや結露が比較的発生しにくいなどのメリットがあります。しかし、当然ながら木造住宅にも耐久性が低いなどのデメリットな部分もあるため、埼玉で木造住宅を建てる場合は注意も必要です。中でも、特に鉄骨構造や鉄筋コンクリート構造と比べて火災に弱い木造住宅は、ほかの構造と比べて台風などの気象災害による劣化も受けやすいというデメリットがあり、浸水被害を受けた場合は修繕しなければならない場合もあり、木造住宅を建てる際には事前に計画をしっかりと立て、住宅の基礎を高くするなど事前の対策も必要となります。